2004年10月16日

鄭秀文『Mi Century 登峰造極 世紀精選』

 今年初めに出た2CD+VCDのお得な北京語ベスト盤。
Mi Century TW
 YesasiaのWebに載っているのと異なる下のジャケットが届いて,ギョッとしましたが、香港盤でした。
MI Century HK
 内容は一緒らしいのですが、台湾盤ジャケの方がよかったなぁ……。Webも香港盤ジャケにしてくれればあきらめもつくのに。。。

 それはさておき、いいなぁSammiは。
 大まかにいうと、Disc1がバラード、Disc2がダンスという感じかな。クラブ系のエレクトリックビートの曲はちょっとついていけないとこもありますが、Sammiのボーカルはアップも見事です。
 全35曲の内、新曲2曲でDisk1のトップを飾る「我想我可以」の作曲は、ここでもでました蔡健雅! 勝手な想像ですが、Tanyaの想定よりちょっとゆっくりめにして、しっとりと味を出しているような気がします。
 その他はRemixとMega Mixの5曲を除くと28曲ですが、2002年の『捨得』から8曲、2001年の『完整』から6曲と最近の曲の比重が高いようです。もっとも、2003年の『美麗的誤會』の曲は含まれていないので、僕的にはぴったりかも。
 ちなみに、iTunesで年別に並べ直すのに、各曲の収録されているいオリジナルアルバムを調べたのですが、広東語盤、北京語盤にRemixからベスト盤まで入り乱れて、最初は何がなんだかわかりませんでした。小華さんのSammi's Tea Houseとそこからリンクされている鄭秀文的全面坊などを見て、なんとか調べがつきました。あと、凸ぷうさんの中華ポップの溺れ方も参考度高いです。
 まぁ、わけのわからないコンピレーションばっかりで支離滅裂なJames Brownよりは整理されているようなので、まだましですが、探求の喜びがたっぷりありそうです。
 って、ぼくはすっかりSammiにはまって……る?
posted by Zhi-Hong at 15:06| 台北 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 中華POPS日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラバありがとうございます。
最近は落ち着き気味のサミーですが香港ではナンバーワンの人気を誇っていたので恐ろしく多作です。なので、コレクションには躊躇してしまうかもしれません、ましてベストを聴いてそのバラエティさには。でもほんとサミーは素敵なのです。
で、簡単な傾向と対策を(?)。
香港系のシンガーによくあるパターンが国語盤(台湾向け)ではしっとりと広東語ではダンス系で、サミーもそうです。なので、まず国語盤を。(事実、美麗的...をお好きでしょ?)それから、昔はダンス系が多かったのですが広東語でも最近はしっとり系(ってかレトロジャズっぽいのが多い)になりつつあるかな。
とりあえず、次のステップとしてはこの広東語ベストに続いて、国語版ベストである「完全擁有...Sammi」を入手してください。恐らく好みに合うと思いますよ。
長々と失礼しました。また書き込ませてください。
ところでJimmy Page と誕生日が同じなんですね。いいなぁ。
Posted by 凸ぷう at 2004年10月17日 02:01
凸ぷうさん、コメントありがとうございます。
 
 でも、あれ?「完全擁有...Sammi」が広東語版ですよね??
 オリジナルアルバムにこだわるつもりはあまりないので、次は広東語の「完全擁有...Sammi」を考えていました。
 また、ライブを見てみたい気持ちが強くなってきてますので、DVDとか入手してみようかと思っています。お勧めってありますか?
 本物を見れるにこしたことはないですが、さすがに日本にはなかなか来れないだろうな。こっちからも、なかなか行けないし(^^;
Posted by Zhi-Hong at 2004年10月17日 12:18
Zhi-Hongさん、お久しぶりです〜!
リンク了解です!ありがとうございます。
とうとうZhi-Hongさんもサミーの道へ・・・ふふふ。

Zhi-Hongさんと同じく私も台湾版だと思って買ったのが香港版で凹みました。しかも中の歌詞カード脱字が多すぎです(怒)なので台湾版買いなおそうと思ってます(もちろん現地で^^)

うちのサイトのアルバム紹介最近手をつけたばかりなので(おい!)全ては完成していないんですが、過去にもいいアルバムはいっぱいあるので是非そろえてみてください〜!(金欠間違いなし!)

これからもよろしくお願いします〜!
Posted by 小華 at 2004年10月17日 16:20
ごめんなさい、私、嘘を申しておりました。
どこで記憶が違っているのだろう。。。
MDとかにおとして聴いてるのでジャケットと音にずれがでてる。。。(最近はi-pod だけど)
ライヴのDVDは"Shoking Pink Colors"ですね。やっぱり香港體育館だからリラックスしてるかんじがとっても素敵です。アットホームなかんじではi concert(ただしVCDですが)が一番いいです。ほんとのコンサートの空気を一番伝えてるし。でも孫燕姿が好きだったら、台湾演唱会、903ライヴともにゲストででてます。。。
結構このあたり紹介してますのでうちのBLOGで鄭秀文で検索してみてくださいな。
Posted by 凸ぷう at 2004年10月18日 00:36
小華さん
 ご快諾ありがとうございます〜。
 そろえられるかな〜。挫折しそう。。。

凸ぷうさん
 お勧めありがとうございます。凸ぷうさんのBLOGをじっくり読んでみます。
 ところで、VCDの画質ってどうですか?
 DVDプレーヤーでTV画面に再生すると、結構荒かったりすることがあるので。
 MacはVCD見られないし。
Posted by Zhi-Hong at 2004年10月19日 08:48
えーと、VCDはやっぱり画質が悪いです。なので、普通、値段が高くても私はDVDを買います。
ただし、こんなメリットもあります。
画面キャプチャーは簡単。(DVDだとキャプチャーできないようにしてある)
古いリリースのDVD(例えば、90年代後半のものあたり)だと技術的にまだまだなのに無理してマルチアングル機能とか組み込んでいる奴は却って読み取りに問題が生じやすい。なので、この場合にはVCDの方がベターです。
Macでは読めないのですか?単純にディスク内のMPEGファイルを読めばできるようなので、コピーして拡張子を換えれば済むような。(でも、手元にMacがないのでわからない)
ではまたー。
Posted by 凸ぷう at 2004年10月21日 12:09
凸ぷうさん
 VCDだとやっぱり小さい画面でないと見づらいですよねー。
 Macでも、ソフトを買えば見られるんですけど、わざわざって気もするので。
 思い立って今ググって見たら、フリーウェアがあるようですので、ちょっと試してみます。
Posted by Zhi-Hong at 2004年10月23日 01:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。