2004年09月04日

蔡健雅「陌生人」

 今日の気になる曲は蔡健雅の「陌生人」。
 前回、いままで注意を払っていなかった曲をとか書いたんですが、いきなりアルバムのタイトルトラックだったりして、恐縮です。ですが、すごく耳に残って頭のなかでぐるぐるしているので、許してください。

 さて、肝心の曲の方ですが、ピアノのイントロにストリングスがからまり、アコースティックギターの伴奏に誘われてせつせつと歌いはじめるところから、リズムセクションが加わってじわじわと盛り上がっていく様に、抑えた情感がこもっていて、ひきこまれてしまいます。
 また、淡々としたメロディーで抑えられていた感情がサビのところの展開で解き放たれつつも爆発せずに終わってしまうところなど、余韻の残りかたがすばらしく、より深い印象を与える仕上がりになっています。
 実際、この曲だけでなく、アルバム全体もアーシーなすごく良い感じで、センスの良さを感じますので、他の歌手から曲やプロデュースの依頼が来るのもよくわかります。
In Association with YesAsia
 話は変わりますが、ジャケットの頬杖ついて、くにゅっとした感じの顔がいいなぁと思ったんですけど、他の写真を見ると結構キリッとした顔立ちでした(^^;
 ジャケットデザインでいえば、まだ持っていませんがファーストアルバムがなんだかブルースハーピストみたいなんで、やっぱりそういうのが好きなんじゃないかと想像しています。
posted by Zhi-Hong at 15:21| 台北 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | 中華POPS日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Zhi-Hongさん、陌生人イイですよねぇ〜。ボクも今でも聴いています。このCDから始まるネタをアップしたのでトラックバックさせてもらいました。
PS.このたびBlogを引っ越しました。URLは
http://rang.weblogs.jp/pp/
です。HNもRangとしました。今後とも宜しくお願いします。
Posted by (ゆず虫改め)Rang at 2004年09月04日 21:31
初めまして!陶[吉吉]ファンのWUYUEと申します。
Rangさんのブログ経由で遊びにきました。
女性の歌う「沙攤」もいいなぁ〜と思いましたよ。アルバムを全部通して聴いたことないのですが、こちらの記事を読んで聴いてみたくなりました〜。
Posted by wuyue at 2004年09月05日 16:42
WUYUEさん、コメントありがとうございます。
急遽お隣の国に出稼ぎに行くことになったりした余波で、お返事が遅くなってしまいましたm(_ _)m
「沙攤」は陶[吉吉]の曲だったんですね。このアルバムは全て蔡健雅の曲だと思っていましたので全然気づきませんでした。この曲もすごくいい曲ですね。
でも、聞いたこともないのに、ぼくが勝手に抱いている陶[吉吉]のイメージとはちょっと違うような気がするのはカバーだから?
ぜひともオリジナルを聞いてみたいですね〜。
Posted by Zhi-Hong at 2004年09月11日 09:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/540737

この記事へのトラックバック

David Taoと一緒に旅に出よう!
Excerpt: ボクの好きな中華アルバムに蔡健雅の陌生人があります。去年の夏に出たこのアルバム、
Weblog: PP…、來了!
Tracked: 2004-09-04 20:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。