2005年04月02日

陶吉吉『太平盛世』

 個人的には「とうきっちゃん」と呼んでいますが(^^;、陶吉吉です。
 あちこちで書かれてもいるので、何をいまさらって気もしますし、なんか新たな視点でもあるのかって言われると辛いのですが、私も一票という意味合いだけで記事にしておく、ってただもうそれだけです。


太平盛世


 かつて、カミさんに「台湾には男性歌手はいないのか」と突っ込まれたことのある私ですが、あちこち読んだり、阿妹へのプロデュース作品を聴いたりして、男なら、まずはとうきっちゃんと狙いを定めておりました。
 もっとも、思わぬ事態に遭遇して、男性歌手購入第一号の座には付けませんでしたが、向こうはデュオだし、大陸だし、まぁ良しとしましょう(って何がいいんだか悪いんだか)。

 それはともかく、すっかりはまってしまって、ずっとヘビロテです。
 聴けば聴くほどに味がある、っていうか丁寧に作り込んであるのがよくわかりますが、かといって、カチコチに凝り固まっているわけでもなく、そのあたりのバランスが絶妙で、まったく聞き飽きません。
 個人的趣味としてはスロー〜ミディアムの「Catherine」、「愛我還是他」、「Susan説」、「無縁」といった曲に心惹かれてしまいますが、スローからアップまで駄作なしとアルバムとして実によくまとまっています。
 たしかに、これじゃあ製作に2年半かかるでしょうね。
 2年半なら早いくらいかも。
 ぼくは今から過去の作品に遡れるので、次作までの待ち時間も短く感じられるかな。



 


posted by Zhi-Hong at 10:45| 台北 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 中華POPS日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2740480

この記事へのトラックバック

R&Bの教父 陶(吉吉) 【2005年 上海コンサート】
Excerpt: 【8/13 虹口体育場 】 彼、陶(吉吉)は以前webchinaでもコンサート情報をご紹介した周傑倫と共に台湾で人気のR&B歌手。彼のに送られた称号は【R&Bの教父】です。上海のコンサートを..
Weblog: Maolek China
Tracked: 2005-07-05 16:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。